SIMフリー端末を使うメリットとデメリット

subpage1

最近SIMフリーという言葉をよく耳にしますが、SIMはスマートフォンやタブレット、パソコンなどで通信を利用するためのカードです。SIMカードには固有のIDの他に電話番号と契約者名が記録されています。

このSIMカードがあらかじめ装着されている端末を購入すると、すでに販売方のキャリアと契約を終えた状態になります。

SIMがなければ通話もインターネットもできません。

SIMフリーには2種類あり、SIMカードが入った状態の端末はSIMロック状態と言いますが、このSIMロックをキャリアに解除してもらい、別の会社のSIMを装着しなおして使うケースです。
もう一つはSIMカードが装着されておらず、自分でキャリアを選択してSIMカードを入れて使うケースです。

SIMフリーは評判がとっても良くて有名です。

どちらもSIMカードは自身で購入する必要があります。


SIMフリー端末を使うメリットは大手キャリアよりも格安で通信できることです。また海外旅行の際は、現地でSIMカードのみを購入して端末にセットすれば、現地で自分の端末使う事ができます。しかし、この場合はSIMの設定を自分で行う必要があり、ITに詳しくないと難しいかもしれません。



SIMフリー端末を使うデメリットとしては、まだまだ利用できる端末の種類が少ないことです。さらに格安業者のカードを使用した場合、特定の時間につながりにくくなることもあります。大手キャリアの割引のようなサービスがない業者もあり、使用する前にサービスを確認すると良いでしょう。


SIMフリーは魅力的なサービスなので、まずは端末とSIMカードの相性を確認し、初期設定を正しく行えば快適に端末を利用できます。