煙草の健康被害を減らすなら長野県で禁煙補助剤の処方

長野県には禁煙友愛会の本部が設置されており、他県と比較しても禁煙に対する意識が高いと言えます。
たばこによる健康被害は様々な病気の要因になることが知られており、がんや呼吸器疾患など生活習慣病につながります。
長野県で禁煙をしたい人の場合には、禁煙治療が受けられる医療機関を受診することが可能です。
長野県にも禁煙外来が設置されている医療機関は数多くあるために、健康保険を使って治療を受けることができます。
たばこの煙に起因する害を減らすためには、禁煙することが最も良い方法と言われており、世界的にも禁煙を推進する流れになっています。
禁煙することが難しい要因として、ニコチンに依存性が高いことがわかっており、ニコチンそのものに発がん性は認められませんが、たばこを止められないことでがんなどの被害のリスクが高まります。
ニコチンによる離脱症状を軽減させる効果があるものに、禁煙補助剤のチャンピックスがあります。
チャンピックスは禁煙補助剤として認可を受けている医薬品で、医療機関で処方してもらうことができます。
チャンピックスは他の禁煙補助剤とは異なり、ニコチンを含んでいませんので、ニコチン製剤を使用したときと比較して高い禁煙達成率を実現できます。
ニコチンを摂取しないことによって、眠気やイライラする精神的な作用、集中力が散漫になることなどの離脱症状が引き起こされますが、チャンピックスを服用することで適度にドーパミンの放出が行われますので、離脱症状を和らげることができます。
チャンピックスの服用による治療は、3か月間行うことが大切で途中で服用を止めてしまうことによって、禁煙の成功率が下がることが知られています。
チャンピックスによる治療を3か月間終えたときの成功率は、49%ほどとなっており、2人に1人の割合で禁煙を達成しています。